本文へ移動

会社沿革

沿革

1975年
株式会社中村自工、米国のDANA社との合弁会社ナジコスパイサー株式会社設立に伴い、
株式会社中村自工深川製作所内において、自動車用ナイロンコートスプラインシャフトの生産開始。
1989年
株式会社エヌエスティー製作所を設立。資本金2,000万円。
1992年
いすゞ自動車株式会社から、直接指定工場として認定。
2000年
ナジコ・スパイサー株式会社と一体で、ISO9001を取得。
2001年
ナイロンコートの新規工法(静電塗装法)を確立。
2001年
プロペラシャフトC2000の国内組立を開始。
2003年
ISO国際規格のクロスセレーション・コンパニオンフランジの生産開始。
2005年
ISO14001を取得。
2006年
代表取締役社長に有田 祐一就任。
2007年
資本金5,000万円に増資。
2008年
高萩市赤浜苅又作に新工場完成竣工。
2011年
代表取締役社長に中村 弘就任。
2012年
代表取締役社長に中村 勇就任。
2013年
太陽光発電システムによる売電開始。
2014年
代表取締役社長に中村 弘樹就任。
2017年
代表取締役社長に新井 正次就任。
2018年
代表取締役社長に中村 弘樹就任。
TOPへ戻る